みんなにシェアしてね(。・ω・。)b

カラコンを販売するのに許可証が必要な理由

カラコンを販売するのに許可証が必要な理由とは?

簡単に言うと、使用者の安全を守るためです。

どのように安全を守っているのか?詳しく説明していきます。

まず、許可証とは高度管理医用機器等販売許可証のことです。

なぜ、カラコンを販売するのにこの許可証が必要になったのか?

簡単に言うと、健康被害が増加したからです。そのため、政府が法規制を強くして、使用者の安全性を高めたのです。

ここで誤解してはいけないのは、この健康被害は使う側の落ち度で、連続装用、不衛生状態での保管などの原因もありました。決して商品のみが悪かった訳ではありません。

しかし、それでも健康被害が増えてしまったのです。

なぜ健康被害が増えたのか?

要するに、法律により規制が無かったので、悪い業も乱立してしまったからです。

2009年に大きな変革が起きたのですが、それまでは法規制も無い為、悲しい事に安全ではないカラコンも出回ってしまっていました。連続装用、不衛生状態での保管などの問題だけでは片づけられなくなったのです。

昔は、度なしカラコンは雑貨としての扱いだった

まず、カラコンには、次の2種類があります。

  • 度なしの色つきレンズ
    • 雑貨類
    • ダテメガネと同じ、いわゆる「おしゃれ用」
      • 現在は度有りでもオシャレに使われています
  • 度有り・度入り(視力補正用)の色つきレンズ
    • 医療機器類
    • 視力補正用コンタクトレンズ

一般的には度なしカラコンが流行っていました。

視力補正用のコンタクトレンズは、もともと「薬事法」で医療機器に指定されており、薬事法や、薬事法に基づいて定められたコンタクトレンズ基準によって、製品、販売会社などが厳格に規制・管理されていました。

しかし、一方で、カラーコンタクトレンズ(=おしゃれ用=度なし)のものは、2009年までは医療機器とは分類されておらず、輸入・販売に薬事法の規制はなかったのです。

そのため、誰でも簡単に輸入、販売することができましたが、カラーコンタクトレンズ(カラコン)の装用による健康被害が製品技術基盤機構等から報告されました。

原因としては、使用者の落ち度による連続装用、不衛生状態での保管などの問題や、原材料の毒性、着色料の溶出なども報告されていました。

そこで日本の政府は、カラーコンタクトレンズ(カラコン)も、視力補正用のコンタクトレンズと同様に、医療機器として薬事法で規制し、これによりカラコン装用者の保護を図ろうとしたわけです。

いつ医療機器化されたのか?

医療機器化は、2009年11月4日からです。

適用になる基準(改正コンタクトレンズ基準)などは、2009年4月28日に告示されました。

2009年11月4日から経過措置を経て、2011年2月4日からは、通常の医療機器と同様に、国の承認を得たカラコンのみが流通可能となりました。

そして、政府に認められない商品は販売が禁止されていったのです。

このような流れによりカラコンは医療機器として扱われるようになり、現在のように、より安全にオシャレのためにカラコンを使う事ができるようになったのです。

しかし、今でも違法にカラコンを扱うお店や国の許可を取っていないカラコンを扱うお店なども存在してしまっています。

どうやって安全なお店と危ないお店を見分けるのか?

答えは簡単です。

高度管理医用機器等販売許可証を持つ高度管理医用機器等販売許可店で買ってください。

当サイトで紹介するお店は許可証を持つ正規のお店

※※※※※※ ご安心ください ※※※※※※

当サイトで紹介している通販サイトは全店、許可証を持つ正規のお店です。

ネット通販は楽だけど、違法なお店で買わないようにご注意ください 😥

許可証を持つ正規のお店一覧

カラコンを買う時は高度管理医療機器販売許可店で買いましょう 😀

スポンサーリンク

関連キーワード


初心者にもおすすめ♪

みんなにシェアしてね(。・ω・。)b

フォローしてね(。・ω・。)b

当サイト人気No.1通販店
今、注目のカラコン一覧
  • シークレットキャンディーマジックプレミア
    【新色発売!!】シークレットキャンマジのプレミア♪